心理カウンセラーの資格を取得するためには?

民間の専門学校が履修を促すカリキュラムを終了後、検定試験を受験する必要があります。

心理カウンセラーと臨床心理士の違いは?

学歴や再認定が必要な臨床心理士

臨床心理士は心理学に関する履修ができる大学院等を卒業した人や臨床経験を持つ医師に受験資格が与えられます。資格取得後も5年に1度の再認定が必要になります。どちらかといえば、心理学を医療や福祉に役立てるための公的な資格であり、専門行為が求められます。

企業のメンタルヘルスなどに携わる心理カウンセラー

心理カウンセラーは、未経験から取得できる民間資格です。特に企業で社員の相談に乗るなどメンタルヘルス面でサポートできる人材育成のひとつと考えられています。個人やグループカウンセリングのほか、アドバイスを行うなどのスキルが習得できます。また、メンタル面の不調に陥らないための啓もうを行う人材ともいえるでしょう。

身分をしっかり確立

カウンセリングを受ける男性

心理カウンセラーとして生かせる国家資格をご存知でしょうか。2018年に第1回目となる試験が行われた新しいものですが、活躍するフィールドも、病院・学校・企業など、今のカウンセラーの働きに関与するフィールドで活躍できるのが「公認心理士」です。しかし、国家試験を受けるには努力・時間・お金も必要になります。だからこそ、民間資格でも十分活躍が期待できることも知っておきましょう。日本推進カウンセラー協会(JADP認定)など、民間団体によって発足された協会からも、資格支援の提案がされています。カウンセラーとしての倫理観をはじめ、知識と技能を活かせる援助をしてくれています。その能力を修得しているかは、その試験に合格すれば認定してもらえるようです。民間企業、団体が定める規定の基準というのがありますが、それによって、心理カウンセラーのみならず、認知行動療法士や脳活性トレーナーなどのW資格も取得できます。社会で相応しい身分で、この資格や地位を確立できます。

効力ではない

男女

心理カウンセラーという国家資格はありません。また、カウンセラーとしてこれまで地位を築いたのは、認定心理士や臨床心理士でしたが、最近国家資格になった公認心理士が業界で活躍しはじめています。これらは、大学・大学院を出ることがルール・マナーです。学科は、カウンセリング概要・理念などの科目群、カウンセリング技法などの実践科目などがあります。特に心理カウンセラーの資格は、通信講座からでも取得できる話しですが、カウンセリングの実践が難しいものです。ですから、できる限りは通学を選びましょう。民間の企業・協会による認定ですから、効力は弱いものの、カウンセラーは肩書や資格を見ているワケではないはずです。効力の弱い資格しか持っていないにしても、いろんな場面で使い続ければ知識も技能も増えていきます。

広告募集中