HOME>オススメ情報>幼稚園教諭は大学で取得することのメリットはこれだ!

幼稚園教諭に必要なスキルや知識

一番はピアノで弾き歌いができることが求められます。指導力や救護の知識は不可欠ですが、そのほか児童心理の知識や観察力が必要です。

大学に通って幼稚園教諭を目指すメリット

4年制大学ならではの青春が謳歌できる

勉学もさることながら、サークル活動など本腰を入れて楽しめます。

大学卒業後の進路の幅が広がります

単位の組み合わせによって小学校教諭の免許も取得できる大学もあります。

幼稚園教諭一種免状が取得可能

就職先の待遇面で大きく違いが出る一種免状が取得可能です。

キャリアアップには一種免状が必須

幼稚園で管理職以上のポストに就くには、一種免状が必須になります。

大学でより専門的なことを学べる

心理学や学芸員など、大学のカリキュラムによって、いろいろな資格取得にチャレンジできます。

養成課程を終えることで免許取得

園児と先生

大学で幼稚園教諭の免許を取得使用と考えているのであれば、養成課程を終了する必要があります。一般的に学科と実習によって構成されています。決められた授業を理由し、その上で実習に参加することで修了できるようになっています。

実習は必須

園児と先生

必須となっているのが大学での実習です。短期大学によっては、将来幼稚園教諭になることを想定して、1年近く実習期間を設けているところがあります。一年を通じて幼稚園の実習に通うことで、年間行事に積極的に参加し、幼稚園教諭がどのような仕事をしているのかいついて、理解を深めることができるシステムです。そして、実習を通じて幼稚園の教諭になるためのスキルを身につけるとともに、働く意欲や自信をつけることができます。

広告募集中