HOME>トピックス>医療事務と登録販売者の仕事は安定収入を得るのに最適

将来を見据えた対策を

主婦

主婦は家事が主業ですが、将来的に働くようになる状況を考えて資格を取得しておくと役立ちます。主婦業に従事している期間中は就職していないとみなされ、その期間が長期化するほど就職で不利になっていくのです。1~2年程度のブランクはそれほど影響しませんが、3年以上になると就職活動で不利になる現実がありますから、自己アピールの材料として資格を取得しておくのが得策です。

根強い人気がある医療事務と登録販売者

主婦

昔から主婦に大人気の資格に医療事務があり、名前のとおり医療機関の事務を行います。受付・会計を中心として、診療報酬請求などをする仕事であり、もともと事務に従事していた方なら無理なく始められるでしょう。医療資格を所有していなくても問題なく、年齢も関係ないので主婦にぴったりの資格です。注意深い性格で計算が素早いという人に向いている仕事です。近年は登録販売者の資格を取得する人も増えてきており、医薬品のプロとして主にドラッグストアで活躍できます。第二類医薬品と第三類医薬品の取り扱いができるので、店舗に並んでいるほとんどの医薬品は管理できることになります。第一類医薬品に関しては薬剤師または登録販売者としての経験が3年以上ある方のみ店舗管理者になれます。

広告募集中